次の言葉は現代社会研究所から生まれました。
TOP INDEX
現代社会研究所  RESEARCH INSTITUTE FOR CONTEMPORARY SOCIETY

  • インナーマーケティング(『人口減少社会のマーケティング』2003で初めて使いました。)
  • マンダラマーケティング(ノゾミマンダラ、ネウチマンダラ、モノマンダラ・・・『人口減少社会のマーケティング』2003で初めて使いました。)
  • 第2次メリハリ化(繊研新聞,2002年1月25日「2002年の消費10大トレンド」で初めて使いました。)
  • インタラクティブ化(繊研新聞,2002年1月25日「2002年の消費10大トレンド」で初めて使いました。)
  • エドピアン化(繊研新聞,2002年1月25日「2002年の消費10大トレンド」で初めて使いました。)
  • ヤングレス化(繊研新聞,2002年1月25日「2002年の消費10大トレンド」で初めて使いました。)
  • 新々人類化(繊研新聞,2002年1月25日「2002年の消費10大トレンド」で初めて使いました。)
  • コダルト化(繊研新聞,2002年1月25日「2002年の消費10大トレンド」で初めて使いました。)
  • ニューミドル化(繊研新聞,2002年1月25日「2002年の消費10大トレンド」で初めて使いました。)
  • 超ファミリー化(繊研新聞,2002年1月25日「2002年の消費10大トレンド」で初めて使いました。)
  • 都心回帰化(繊研新聞,2002年1月25日「2002年の消費10大トレンド」で初めて使いました。)
  • ニューカマー化(繊研新聞,2002年1月25日「2002年の消費10大トレンド」で初めて使いました。)
  • 文脈産業(繊研新聞,2000,05,01で初めて使いました。)
  • 平成享保(1989年、日本経済新聞夕刊に発表したコラムで初めて使いました。)

一子豪華化
少産過の進行に伴って、一人の子どもに、どっとお金を注ぎ込む「一子豪華主義」の傾向が生まれてくること。
(注)「一子豪華(いっしごうか)化」は「一点豪華主義」のもじりであり、「一児豪華化」は誤り。

3J
1993年の流行現象。ジュリアナ東京、ジュラシックパーク、Jリーグをいう。

3「コ」世代
最近の流行をリードするのは、コギャル、コマダム、コババの三“コ”世代であるということ。

簡単にカキクケコ
「カ」は“賢くなる”商品、「キ」は“きれいになる”商品、「ク」は“クリーンになる”商品、「ケ」は“健康になる”商品、「コ」は“幸運をよぶ”商品のこと。

神話消費
これからのヒット商品作りには、レヴィ=ストロースの「構造神話学」やユングの「分析心理学」といった神話理論を、もっと導入することが必要である。

リゾーム化社会
21世紀に入って人口波動が下降期にさしかかると、世の中のさまざまな局面に制約化の兆しが見え始める。すると、制約の少ない社会ではアルブル状に伸びていた社会的組織も、頭打ち状況の中では、地下を這うリゾーム状に移行していかざるをえない。(G.ドウルーズ、F.ガタリの「リゾーム」論を応用して、『人口波動で未来を読む』--日本経済新聞社,1996--で初めて使いました。)
Copyright (C)Gendai-Shakai-Kenkyusho All Rights Reserved. TOP INDEX